Category Archives: 産毛処理

顔の産毛を家庭で簡単にケア

顔の産毛は、生えていると化粧のりがわるくなったり、何となく顔の印象が暗くなってしまいがちです。

しかし特別な機械がなくても、ご家庭でも誰でも簡単に処理することができます。
まず、用意するものはご家庭でも簡単に用意できる3道具だけです。

1つ目は、「カミソリ」です。
おすすめは、顔そり専用のガード がついた刃が長めのもので、100円ショップなどでも簡単に手に入ります。2つめは、タオルです。
これは、サイズは特に指定はありませんが、ハンカチだと 小さいので、スポーツタオルサイズくらいが適当であると思えます。3つ目は、アフターケア用のローションです。

これは吸斂作用や引き締め効果のあるものは NGです。
うるおいや保湿重視のタイプを選びましょう。
それでは、ご家庭でもできる私が実践している「顔そり」を紹介します。
まず、カミソリを用 意して、頬骨からエラの方向ににかけて力を加えずにそっていきます。
刃のコンディションが良ければ、すっと剃れます。力を入れるのは絶対にNGです。
同じ要領で、両側のほほの産毛をケアしたら、おでこや眉あたりも気になる方はお手入れしましょう。剃り終わったらケアが大切です。
2で用意したタオルを水で濡らして電子レンジでチンします。
すると、蒸しタオルが出来るので、剃った産毛をふき取りながら肌に蒸気を与えましょう。すると、ローションの吸い込みが良 くなるので、3で用意したローションを剃った部分に塗って終了です。

肌にうるおいを与えつつ、産毛の処理もできる家庭での簡単な産毛処理方法の紹介でした。

電動シェーバーを使って自宅で顔の産毛処理

カミソリを使って無駄毛の処理を行うと皮膚を傷めてしまうということはよく知られていると思います。
かといって、毛抜きを使って処理を行うと毛穴が広がって黒ずみが目立ったり毛穴をたるませてしまいます。
自宅で出来る手軽な処理方法として、私は電動シェーバーを使って顔の産毛処理を行っています。
朝に処理をすると、すぐに外出するので紫外線などで肌を痛めてしまうので
夜に処理をして処理後は化粧水と美容液やクリームをたっぷり塗って保湿をしてあげて
一晩ゆっくりと休ませてあげています。
電動シェーバーだからといって頻繁に処理をすると皮膚を傷めてしまうので
産毛を処理することで肌の透明感が上がったり化粧のりがよくなったり
化粧水の浸透がしやすくなるなどメリットはたくさんありますが
肌が弱いと産毛を処理することで皮膚を傷めたりしてしまうこともあります。
なので、最低でも一週間はあけるようにしています。
自宅での産毛処理以外に、ブライダルエステで顔のシェービングをしてもらったことがあります。
こちらはプロの方がカミソリで行ってくれるのでとても綺麗に仕上がり
シェービングもしっかりとお手入れしてもらえるので安心です。
1ヶ月程はまったく気にならなかったので、シェービングに行くのもひとつかもしれません。

顔の産毛処理

顔の産毛って案外人に見られているものだと思います。意外と男性より女性同志の方が厳しくお肌って見ているものなので小まめに処理をするようにしています。

基本的にはカミソリでおでこ以外は剃っています。夏は何故か生え伸びるのが早いので特に気になっている眉間と鼻下と口横は最近脱毛サロンに通い始めました。

口横以外は、痛みもなく、温かい物を当てられているようで気持ち良い位です。
ただ、口横は他の部位より毛が太くて立派なのでしょうか?ゴムで弾かれるような痛みがあります。それでも短い時間で済むので我慢は出来ると思います。

サロンやクリニックによると思いますが二ヶ月に一度の間隔で脱毛をしています。
徐々に毛が薄くなって、伸びる速度も遅くなってきたように感じます。
5回を目安にしていますが、それが終わる頃には手入れをしなくても大丈夫になりそうな感じがしています。

顔の産毛が無くなると化粧がのり、垢抜けた肌の印象になるので、今の部位が終わって仕上がりに満足したら顔全体の脱毛を受けるのも良いかなと思っています。